RAUS体感Live -浄化- 2018.2.11


先週の日曜日、『RAUS体感Live -浄化-』を開催いたしました


今回は上野不忍池からスタートの予定でしたが、体感Liveの名が示すように、急遽、浅草寺での体感の実践ということになりました

今回は仙台から我が師MASATO氏をお迎えしておりましたが、浅草寺はまさしく、2014年2月14日にMASATO氏が大きな理(ことわり)をなされた場所です

その4年後の今回、さらに大きな理をなされました

それに参加者の皆さんも立ち会うことができたのです


MASATO氏は人知れず、世のすべてを調和した状態へと戻す為に尽力されてこられました

今回のほか、いくつか私も理に立ち会わせて頂いていますが、そのすべてが壮大で計り知れない、理でした

MASATO氏についてはこれ以上お伝えすることはできませんが、その教えと共に、はやさかみよこ先生にRAUS(ラウズ、すべての魂のルーツの力)を授けられています

我々はその教えとRAUSを学び、今に至っています


今回はそのRAUSの大元の理となったのです(その内容は極秘です、画像は理直後の空)


知りたい方は、動画通話で参加された はやさかみよこ先生 や、和歌山から参加された はやさかえみさん がブログに、その一端を公開していますので、是非お読みください


はやさかみよこ先生のブログ

はやさかえみさんのブログ




MASATO氏の教え、そしてRAUSで何を行っているのかを少しお伝えしておきます


この世界のすべては、粒子で構成されてます

物質も、人も、地球もです

そしてその粒子の振る舞いは、波動としてお互いに影響を及ぼし合っています

その波動が滞るとバランス(調和)が崩れます

その不調和、滞りは、周囲に影響を及ぼし続けます

特に人が不調和を生み出し、その影響は周辺の人だけでなく、物質や地球までも及び、不調和を引き起こし続けています


その不調和を調和へと戻す術がRAUSであり、調和した状態へと調律する浄化は、粒子へ、すべての魂のルーツの力RAUSが働きかけることでのみ実現します

そしてMASATO氏の教えとは、すべての調和を実現するために必要な『人の在り方』です

人の在り方とは心の在り方。心の在り方を正さぬ限り、それはどんなに取り繕っても、ほころびとなって不調和を生み出します

その不調和を生みだす自身の弱さと向き合い乗り越えることではじめて、調和の中のひとりとなることができるのです


これまで人が汚し続けてきたすべてを元の調和した状態へと戻すためには、人自身がその在り方を見つめ直さなければなりません

そして、自らが不調和を起こさない様に、お互いがきれいな波動で影響しあえる「きれいな循環」ができる様に在り続けること、存在の責任を全うすることです


これらのことはRAUSで学ぶことができます


自らの心や体の滞りをなくし、調和へと導く『ストレッチ』や、粒子の振る舞いである波動を体で感じ取るための『体感』、そしてすべての魂のルーツの力で浄化する『RAUS』を実践を踏まえて学んでいくことができます

滞りをなくして体感すれば、自身や人の、体の状態や感情などの心の状態がわかるようになります

そしてRAUSを用いれば、人や場の浄化を行えるようになります


このような「本来の人の役目」を果たす方々を増やして、すべての調和を実現するお互い様の世界を目指すことが我々の使命です

本来の人の役目とは、調和へと導くことです


これを読んで、何か感じているものがあれば、それに応えてください

世のすべてを調和へと導く為に、一緒にRAUSを学びましょう



ラウズの力、浄化と真実の体感【伝授可能】

「ラウズ」という浄化の力の伝授、そしてその力に隠された真実、世の真実を体感で知ることが出来ます。

0コメント

  • 1000 / 1000