えみ

記事一覧(10)

心地良いRAUSの癒し

先日、はやさかみよこさんの元でRAUS(すべての魂のルーツの力)を習得された方とのグループセッションを受けましたRAUSとは、人や物、場などにアクセスし溜まる負のエネルギーとも言える澱みを綺麗に変換し滞っていたものを循環させて整える、浄化と癒しの力です澱みが綺麗に変換されていく様子は、誰もが体感という機能で感じる事ができ力を扱う者は、やったつもりの思い込みにならないよう本当に浄化しきれたか、癒しきれたか、責任を持って体感で確認するようにと教わりますですから伝授後も体感や力を扱う自分自身を向上させるために追加セッションをお願いする方が多いです今回のセッションで、お互いがRAUSで癒し合うということをしましたまず、みよこさんから癒していただくと、胸が温かく満たされ、とても優しい気持ちになっていきました身体の周りは涼しく清らかな空気をまとっているようで身体の内側は温かいものが溢れるように広がりながらほぐされ癒やされていきました暫くその心地良い体感に浸った後に、今度はみよこさんをRAUSで癒し返しましたすると、自分の中で感謝の気持ちとお返しできる喜びとが入り混じったような感情が湧きあがり、目の奥が熱くなりました互いに癒す力が合わさるのだから、1+1=2で2倍の心地良さになるのかというとそんな単純なものではなく、その何倍も膨れあがり清らかになっていくのがわかりましたその後、みよこさんからここにいるメンバー全員で癒し合い循環したら、どうなるかを体感しましょうと言われ、体感したところ更にまた力が膨れ上がったのですが、ガツンと強くなるというのではなく静かに、力が洗練されて純度が増し澄みきっていく といったものであまりにも気持ち良すぎて、皆んな言葉をなくしてしまうほどでした今回のグループセッションは4名でしたがたった4名で循環しただけで、これだけの心地良さを感じられるのであればお互い様を循環できる人がもっと増えたら、どれだけ凄いことになるんだろうと思わずにはいられませんでした

RAUSで突き詰める

もう世間で言うところのいい歳をした大人なんですがRAUSと体感を学んでいると、知らなかった事や、知ろうともしなかった事に出くわしますRAUSをただ浄化と癒しの力と一言で言ってしまうにはとてもではないけど足りません誰かや何処かを癒し浄めて終わりではなく、そこから自分との繋がりに気づき知らず知らずに行っていた事の意味、無知の罪を噛みしめたり自分自身と深く向き合い、現状の要因となっているものを突き詰めたり思考では気づけない、体感の奥深さに感心しては自分の至らない点を見つけて恥ずかしくなり反省するという日々を送っています見たくないものは見なくていい嫌なことはなかったことにするダメな自分に気づいてもそれでよしと受け入れるそんな自分を甘やかす風潮の中で、RAUSは「突き詰める」ということを行い、自分がどうあるべきかを導き出しますそこには必ず体感が伴います聞き方は様々ですが、例えば〇〇をした場合 〇〇をしなかった場合 など両方の波動を確かめる事が大事です答えは明確に出ますが、行動を起こすか起こさないかは自分次第です出来なかったのではなく、しなかっただけ何かと理由をつけてしないのは心の弱さだと学びました東京上野でRAUSを体感できるイベントを開催されている白(はく)さんが「突き詰める」についてとても分かりやすい記事を配信されていました↓Click↓

RAUSを体感できるイベント 4/30@東京上野

身体にダメージを与え、ストレスを生み出し、やがて病を引き起こす澱んだ粒子の波動それらを清らかなものへと変換し癒し浄め整えることのできるRAUS〜すべての魂のルーツの力〜を体感できるイベントが4月30日(日)14:00〜17:00@東京上野で開催されますイベントの主催者は臼井甕男の魂の輪廻をもつ白(HAKU)氏これまでにイベントや個人セッション、LINE配信等で多くの方にRAUSを体感させてこられた方です今回のイベントは、事前に1対1の対面かグループ形式で行うかを選んでいただく事になっています※対面形式 2時間 ¥20,000※グループ形式 3時間 ¥12,000体や心の不調に焦点をあて、一緒に体感をしながら、問題の根本に迫ります原因不明の頭痛、腰痛、肩こり、慢性疲労、不眠や鬱などにお悩みの方澱んだ波動の影響が蓄積され心身に不調を引き起こしている可能性があります不調の原因の澱みを突き詰めRAUSで浄化し癒し浄め整えてみませんか*参加費は事前振り込みをお願いしております*飲み物代は実費を当日お支払いいただきます*最終確認の連絡の際に会場をご案内させていただきます*最終確認に返信なき場合はキャンセル扱いとなりますのでご承知おきください*その場合参加費の返金はできませんのでご注意くださいお申し込み、お問い合わせ先は、Facebook↓↓Click↓↓